女人自熨的视频喷水免费视频

    1. <span id="ddyvp"><blockquote id="ddyvp"></blockquote></span>

    2. <ol id="ddyvp"><blockquote id="ddyvp"></blockquote></ol>
      <span id="ddyvp"></span>

      トップページ 経営サポート 取引・官公需支援長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査の結果をとりまとめました

      長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査の結果をとりまとめました

      平成31年3月4日

      中小企業庁は、「繁忙期対応」や「短納期対応」における、長時間労働に繋がる商慣行について、実態把握をするための調査を行いましたので、その結果を公表します。

      調査の背景・趣旨

      中小企業庁におけるこれまでの調査において、長時間労働に繋がる商慣行として「繁忙期対応」と「短納期対応」が挙げられていることから、今回その背景にある実態の把握を目的に調査を実施しました。

      調査概要

      • 調査対象:中小企業7,642社(民間調査会社が保有するモニター企業より選定)
      • 調査期間:平成30年12月3日〜平成30年12月13日
      • 回答企業数:2,537社(回答率33.2%)

      結果概要

      • 繁忙期、短納期受注の発生状況
        ・繁忙期は約7割の企業で発生し、特に建設業、食料品製造業、紙・紙加工品産業、印刷産業、トラック運送業・倉庫業では8割超の企業で発生している。
        ・短納期受注は6割の企業で発生(直近1年間)し、特に紙・紙加工品産業、印刷産業、半導体・半導体製造装置産業、電気・情報通信機器産業では8割超の企業で発生している。
        ・繁忙期/短納期受注の主要取引先として最も回答が多い業種は、大半の業種で同業種であるとの回答が多い。一方、食料品製造業、紙・紙加工品産業、素形材産業、技術サービス産業、卸売業では、他業種が主要取引先として最も回答が多い。
      • 繁忙期、短納期受注の発生要因
        ・繁忙期の発生理由は、約5割の企業が「季節的な要因」と回答。短納期受注については、約8割の企業が「取引先からの要望」と回答。
        ・繁忙期/短納期受注の発生要因について、取引上の問題としての課題を整理すると、「年末・年度末集中」や、「納期のしわ寄せ」、「多頻度配送・在庫負担・即日納入」といった問題のある受発注方法と、そうした「問題のある受発注方法が常態化」していることが、取引上の課題として挙げられている。
      • 残業時間への影響
        ・繁忙期対応によって8割、短納期受注によって6割の企業が、従業員の平均残業時間が「増加する」と回答している。

      資料



      (本発表のお問い合わせ先)

      中小企業庁事業環境部取引課長 林
      担当者:松山、仲
      電話:03-3501-1511(内線5291〜7)
         03-3501-1669(直通)
      FAX:03-3501-6899

      女人自熨的视频喷水免费视频
      1. <span id="ddyvp"><blockquote id="ddyvp"></blockquote></span>

      2. <ol id="ddyvp"><blockquote id="ddyvp"></blockquote></ol>
        <span id="ddyvp"></span>